background_img

講義・研修

平成28年度・開催コース
名称概要定員状況開催日
専門教育コース・講義 より実践的な専門科目の講義 - 締切 平成28年7月3日(日)
見学会 幌延深地層研究センターの見学 30名 締切 平成28年7月4日(月)〜5日(火)
基礎教育コース・実験 放射線計測実験など 15名 締切 平成28年7月6日(水)〜7日(木)
専門教育コース・実験 より実践的な専門科目の実験 10名 締切 平成28年8月22日(月)
〜8月25日(木)
見学会(2) 福島第一原子力発電所見学 10名 締切 平成28年9月26日(月)
フィールド実習 講義・実験で学んだ知識の実践 10名 締切 平成28年9月27日(火)
〜9月30日(金)
国際セミナー 国内外の研究者を招いてのセミナー 50名 締切 平成29年2月26日(日)
〜28日(火)

※H28年度の講義は全て終了いたしました。多数のご参加誠にありがとうございました。

<国際セミナー>(受付終了)

日時:平成29年2月26日(日)15:00〜28日(火)12:00(予定)
場所:北海道大学工学研究院 フロンティア応用科学研究棟 セミナー室1(1階) [施設案内]
講義内容:国際セミナープログラム
受講定員:50名程度
受講対象:高専生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:●講義はすべて英語で行われます。同時通訳はありませんが、講義中に日本語による簡単な解説を適宜加える予定です。
   ●2月26日(日)講義終了後に懇親会を行う予定です。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  2/13(月)正午迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※国際セミナーは申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<専門教育実験>(受付終了)

日時:平成28年8月22日(月)〜25日(木)
場所:北海道大学アイソトープ総合センター[MAP] および北海道大学工学部[MAP]
講義内容:専門教育実験プログラム
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし所属の機関において放射線業務従事者として登録が済んでいる方。
      受講に際し、所属の機関において放射線業務従事者として登録済みで
      あることを示す証明書を提出して頂きます。
備考:講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります。
    実験は安全に十分留意した 内容としていますが、万が一の事故に備え、
    あらかじめ傷害保険にご加入下さい。本学および本事業者は責任を負えません。
    とくに学生の方は学生傷害保険に加入済みであることを確認願います。
    傷害保険に加入されていない方は、お近くの旅行代理店等にて事前にご加入をお願いいたします。
    参加希望者多数の場合には、これまでの講義・実験・見学会の参加者を優先させていただきます。

<見学会(2)>(受付終了)

日時:平成28年9月26日(月)
場所:東京電力福島第一原子力発電所見学(福島県大熊町) 
    いわき駅前のホテルに宿泊し貸し切りバスで移動
受講定員:10名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
     (いわき市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
備考:参加希望者多数の場合には、これまでの講義・実験・見学会の参加者を優先させていただきます。

<フィールド実習>(受付終了)

日時:平成28年9月27日(火)〜30日(金)
場所:JAEA 福島県内の施設、福島県内の自治体
    いわき駅前のホテルに宿泊し貸し切りバスで移動。
受講定員:10名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    (いわき市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:森林調査には、イノシシ、蜂、蛇などのリスクが伴うため、学生傷害保険の加入が必要です。
備考:実習への参加には、放射線従事者登録は不要です。
    参加希望者多数の場合には、これまでの講義・実験・見学会の参加者を優先させていただきます。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  8/7(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※専門教育実験、見学会(2)、フィールド実習は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<専門教育講義>(受付終了) 

日時:平成28年7月3日(日)
場所:北海道大学オープンエデュケーションセンター(高等教育推進機構[全学教育部]内)
講義内容:専門教育講義プログラム
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります。

<見学会>(受付終了) 

日時:平成28年7月4日(月)8時発〜5日(火)19時着 [1泊2日]
出発地・帰着地:北海道大学工学部(札幌市北区北13条西8丁目)
*参加者の希望によっては、経由地を設定する可能性があります。
場所:‘本原子力研究開発機構 幌延深地層研究センター
    ・地下350m調査坑道
    ・ゆめ地創館
    ・地層処分実規模試験施設
   ▲┘優襯ー関係施設の見学(予定)
※貸切バスで移動し、7/4は幌延近郊に宿泊します。(相部屋となります)
受講定員:30名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    学生には旅費の支給が可能です。社会人の方には、宿・食事の実費を申し受けます。
    (航空券・宿の手配後の自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担
     いただく場合がございます)
備考:参加希望者多数の場合には、専門講義、基礎実験の参加者を優先させていただきます。
共催:(一社)日本原子力学会北海道支部

<基礎教育実験>(受付終了) 

日時:平成28年7月6日(水)〜7日(木)
場所:北海道大学アイソトープ総合センター[MAP] および北海道大学工学部[MAP]
講義内容:基礎教育実験プログラム
受講定員:15名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:
実験は放射線計測の基礎を実習した後、以下の3つのテーマに分かれて行います。
参加申込時に希望のテーマを選択して下さい。
なお、希望者が多数のテーマがある場合にはご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。

(1) 食品中の放射能測定
(2) 環境放射能測定のための自然水の採取および化学分析
(3) 空間放射線量および浮遊塵の放射能測定

詳細については基礎教育実験概要[PDF] を御覧ください。
※なお、テーマ(3)に関しては、データ処理にエクセルを使用しますので、
受講者は各自ノートパソコン(Windows、Mac)を持参してください。
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  6/30(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※専門教育講義、見学会、基礎教育実験は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

※H27年度の講義は全て終了いたしました。多数のご参加誠にありがとうございました。

平成27年度・開催コース
名称概要定員状況開催日
基礎教育コース・講義 原子力バックエンド分野に関する概論講義
・核燃料サイクル概論(義輜澄↓競Ε薀麈蚕漫↓刑峠萢)
・低レベル放射性廃棄物埋設処分
30名 締切 平成27年6月21日(日)
基礎教育コース・実験 放射線計測実験および放射能測定実験 15名 締切 平成27年6月22日(月)
~23日(火)
専門教育コース・講義 より実践的な専門科目の講義(福島原子力事故、
放射性廃棄物処分工学、廃炉工学、環境放射能学)
20名 締切 平成27年7月25日(土)
~26日(日)
専門教育コース・実験 より実践的な専門科目の実験(土壌収着試験、
植物吸収試験、フィールド調査法、プレゼンテーション)
10名 締切 平成27年8月31日(月)
~9月3日(木)
フィールド実習 講義・実験で学んだ知識の実践(森林調査、
空間線量率の計測、植生調査及び土壌の採取法)
10名 締切 平成27年9月28日(月)
~10月1日(木)
見学会 日本原子力発電(株)東海発電所
東海第二発電所、L3埋設施設予定地の見学
10名 締切 平成27年10月2日(金)
見学会(2) 日本原燃(株)再処理工場、
低レベル放射性廃棄物埋設センター等の見学
10名 締切 平成27年
10月29日(木)
~30日(金)
国際セミナー 国内外の研究者を招いてのセミナー 50名 締切 平成28年2月29日(月)
~3月1日(火)

<国際セミナー>(受付終了)

日時:平成28年2月29日(月)〜3月1日(火)
場所:北海道大学工学研究院 フロンティア応用科学研究棟 鈴木章ホール(2階) [MAP] [施設案内]
講義内容:国際セミナープログラム
受講定員:50名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
    自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:
   ●講義はすべて英語で行われます。同時通訳はありませんが、
    講義中に日本語による簡単な解説を適宜加える予定です。
   ●2月29日(月)18時30分より懇親会を行う予定です。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  2/19(金)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※国際セミナーは申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<見学会2>(受付終了)

日時:平成27年10月29日(木)18時〜30日(金)21時
場所:日本原燃(株)(青森県上北郡六ヶ所村)
   再処理工場
   低レベル放射性廃棄物埋設センターなど
スケジュール:29日(木)18時〜20時:見学会事前ミーティング
       30日(金)9時〜16時:見学会、19時〜21時:ディスカッション
受講定員:10名程度(定員になり次第締め切らせて頂きます)
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (青森県外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
    自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
*八戸〜六ヶ所間の移動手段は事務局で用意致します。
備考:参加希望者多数の場合には、これまでの講義・実験の参加者を優先させていただきます。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  10/18(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※見学会(2)は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<フィールド実習>(受付終了) 

日時:平成27年9月28日(月)〜10月1日(木)
場所:福島県双葉郡川内村 JAEA 森林環境動態調査対象の村有林
受講定員:10名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (福島県外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:森林調査には、イノシシ、蜂、蛇などのリスクが伴うため、学生傷害保険の加入が必要です。
備考:実習への参加には、放射線従事者登録は不要です。
   参加希望者多数の場合には、これまでの講義・実験の参加者を優先させていただきます。

<見学会>(受付終了) 

日時:平成27年10月2日(金)
場所:日本原子力発電(株)東海発電所(茨城県那珂郡東海村)
   東海発電所
   東海第二発電所(使用済燃料乾式貯蔵施設)
   L3埋設施設予定地
受講定員:10名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (茨城県外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
備考:参加希望者多数の場合には、フィールド実習の参加者を優先させていただきます。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  9/15(火)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※フィールド実習および見学会は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<専門教育実験>(受付終了)

日時:平成27年8月31日(月)~9月3日(木)
場所:北海道大学アイソトープ総合センター[MAP]および北海道大学工学部[MAP]
講義内容:専門教育実験プログラム
受講定員:10名程度
受講対象:高専生・大学生・社会人
参加費:無料
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:所属の機関において放射線業務従事者として登録が済んでいる方。
     受講に際し、所属の機関において放射線業務従事者として登録済みであることを示す証明書を
     提出して頂きます。
備考:講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  8/23(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※専門教育・実験は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<専門教育講義>(受付終了) 

日時:平成27年7月25日(土)・26日(日)
場所:北海道大学工学研究院 フロンティア応用科学研究棟 セミナー室1(1階) [MAP] [施設案内]
講義内容:専門教育講義プログラム
受講定員:20名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料
札幌市外から参加の学生を対象とした旅費支給については、申込多数のため締め切らせて頂きました。
ご容赦下さいますようお願い致します。
受講要件:特になし
     (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
備考:専門教育・講義の受講者には、 基礎教育・講義のオープン教材 による事前学習をお勧めします。
また、石川先生の特別講義においては、上記オープン教材に加えて、石川迪夫先生の著書 『考証 福島第一原子力発電所事故 炉心溶融・水素爆発はどう起こったか』 (日本電気協会新聞部・刊)にて予習されますことをお勧め致します。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  7/19(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※専門教育講義は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<基礎教育講義>(受付終了) 

日時:平成27年6月21日(日)
場所:北海道大学工学部 B11教室 [MAP]
講義内容:基礎教育講義プログラム
受講定員:30名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし

<基礎教育実験>(受付終了) 

日時:平成27年6月22日(月)・23日(火)
場所:北海道大学アイソトープ総合センター[MAP] および北海道大学工学部[MAP]
講義内容:基礎教育実験プログラム
受講定員:15名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
    (札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。ただし、航空券・宿の手配後の
     自己都合によるキャンセルの場合はキャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:
実験は放射線計測の基礎を実習した後、以下の3つのテーマに分かれて行います。
参加申込時に希望のテーマを選択して下さい。
なお、希望者が多数のテーマがある場合にはご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。

(1) 食品中の放射能測定
(2) 環境放射能測定のための自然水の採取および化学分析
(3) 空間放射線量および浮遊塵の放射能測定

詳細については基礎教育実験概要[PDF] を御覧ください。
※なお、テーマ(3)に関しては、データ処理にエクセルを使用しますので、
受講者は各自ノートパソコン(Windows、Mac)を持参してください。
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  6/14(日)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※基礎教育講義・実験は申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

※H26年度の講義は全て終了いたしました。多数のご参加誠にありがとうございました。

平成26年度・開催コース
名称概要定員状況開催日
基礎教育コース・講義 原子力バックエンド分野に関する概論講義
(原子炉工学概論、廃炉工学概論、
放射線科学概論、放射線生物学概論)
30名 締切 平成26年11月8日(土)・9日(日)
基礎教育コース・実験 放射線計測実験および放射能測定実験 15名 締切 平成27年2月26日(木)・27日(金)
専門教育コース・講義 より実践的な専門科目の講義(原子炉工学、廃炉工学、
放射性廃棄物処分工学、環境放射能学)
20名 締切 平成26年12月6日(土)・7日(日)
専門教育コース・見学会 原子炉廃止措置研究センター(ふげん)および
高速増殖炉研究開発センター(もんじゅ)の見学
15名 締切 平成26年11月17日(月)
国際セミナー 国内外の研究者を招いての環境放射能・廃炉工学・
放射性廃棄物処分工学に関するセミナー
50名 締切 平成27年2月28日(土)・3月1日(日)

<国際セミナー> (受付終了)

日時:平成27年2月28日(土)・3月1日(日)
場所:北海道大学学術交流会館 小講堂 [MAP]
講義内容:国際セミナープログラム
受講定員:50名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
    (なお、航空券・宿の手配後の自己都合によるキャンセルの場合は
     キャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:
   ●講義はすべて英語で行われます。同時通訳はありませんが、
    講義中に日本語による簡単な解説を適宜加える予定です。
   ●2月28日(土)18時より百年記念会館(学術交流会館向かい)にて懇親会を行います。
     (会費:社会人5,000円、学生3,000円を予定)

<基礎教育実験> (受付終了)

日時:平成27年2月26日(木)・27日(金)
場所:北海道大学アイソトープ総合センター[MAP] および北海道大学工学部[MAP]
講義内容:基礎教育実験プログラム
受講定員:15名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
    (なお、航空券・宿の手配後の自己都合によるキャンセルの場合は
     キャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし
備考:
実験は放射線計測の基礎を実習した後、以下の3つのテーマに分かれて行います。
参加申込時に希望のテーマを選択して下さい。
なお、希望者が多数のテーマがある場合にはご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。

(1) 食品中の放射能測定
(2) 環境放射能測定のための自然水試料の採取および化学分析
(3) 空間放射線量および浮遊塵の放射能測定

詳細については基礎教育実験概要[PDF] を御覧ください。
※なお、テーマ(3)に関しては、データ処理にエクセルを使用しますので、
受講者は各自ノートパソコン(Windows、Mac)を持参してください。
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

<お申し込み方法>

  下記リンクから参加申込書をダウンロードし、必要事項を入力の上、
  2/16(月)迄に申込書記載の送付先へお送り下さい。

  ※基礎教育実験・国際セミナーは申込み多数につき締め切りとなりました。ありがとうございました。

<専門教育講義> (受付終了)

日時:平成26年12月6日(土)・7日(日)
場所:北海道大学工学部 A1-17室 [MAP]
講義内容:専門教育講義プログラム
受講定員:20名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
    (なお、航空券・宿の手配後の自己都合によるキャンセルの場合は
     キャンセル料をご負担いただく場合がございます)
受講要件:特になし

<基礎教育講義> (受付終了)

日時:平成26年11月8日(土)・9日(日)
場所:北海道大学工学研究院 フロンティア応用科学研究棟 セミナー室2(2階) [MAP] [施設案内]
講義内容:基礎教育講義プログラム
受講定員:30名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。札幌市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。
    (講義の内容をもとにオープン教材を制作予定のため、ご意見をお伺いする場合があります)
受講要件:特になし

<見学会> (受付終了)

日時:平成26年11月17日(月)
場所:日本原子力研究開発機構
     原子炉廃止措置研究開発センター ふげん(福井県敦賀市)
     高速増殖炉研究開発センター もんじゅ(福井県敦賀市)
受講定員:10名程度
受講対象:高校生・高専生・大学生・社会人
参加費:無料。敦賀市外から参加の学生には旅費の支給が可能です。
受講要件:特になし。ただし、申込多数の場合には、基礎講義受講者を優先させていただきます。

【備考】
   ・ふげん、もんじゅ入構のため、身分証明書(運転免許証、パスポート等)をご提示いただきます。
   ・見学会に参加される方は、11月9日の基礎講義、廃炉工学概論IIIを是非、受講してください。